堺葦船学校

葦を通じて里川運動へ。 葦、葦原、葦船、葦笛など。 思いつくまま、気の向くまま、 風まかせ、流れまかせ。

AKARU_OFFICIAL

四尾連湖葦舟まつり アルバム2

10090281009027
1009026
1009025
1009024
1009023
1009022
1009021
1009020
1009019
1009018
1009017
1009016
1009015
1009014
1009013
1009012
1009011
1009010
1009009
1009008
1009007
1009006
1009005
1009004
1009003
1009002
1009001
1008162
1008163
1008161
1008160
1008159
1008158
1008157
1008156
1008155
1008154
1008153
1008152
1008151
1008150
1008149
1008148
1008147
1008146
1008145
1008144
1008143
1008142

1008140

1008138
1008137
1008136
1008135
1008134
1008133
1008132


1008129

1008127
1008126
1008125
1008124
1008123
1008122
1008121
1008120




1008115
1008114
1008113
1008112
1008111
1008110
1008109
1008108
1008107
1008106
1008105
1008104
1008103
1008102
1008101
1008100
1008099
1008098
1008097
1008096

四尾連湖葦舟まつり アルバム1

1008095
1008094
1008093
1008092
1008091
1008090
1008089
1008088
1008087
1008086
1008085
1008084
1008083
1008082
1008081
1008080
1008079
1008078

1008076
1008075
1008074
1008073
1008072
1008071
1008070
1008069
1008068
1008067
1008066

1008064

1008062
1008061
1008060
1008059
1008058
1008057
1008056
1008055
1008054
1008053
1008052
1008051
1008050
1008049
1008048
1008047
1008046
1008045
1008044
1008043
1008042

1008040
1008039
1008038
1008037
1008036
1008035
1008034
1008033
1008032
1008031
1008030

1008028
1008027
1008026
1008025
1008024
1008023
1008022
1008021
1008020
1008019
1008018
1008017
1008016
1008015
1008014
1008013
1008012
1008011
1008010
1008009
1008008
1008007
1008006
1008005
1008004
1008003
1008002
1008001

「四尾連湖葦舟まつり」へのお誘い

参加申込書四尾連湖葦舟まつり

~2016年10月8日・9日~

<主催・企画:アカルプロジェクト>

コディネーター 西川雅規



葦が穂をのぞかせ、揺らす風に秋の気配を感じさせる季節となりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか?

さて、西富士の四尾連湖(しびれこ)での「葦舟まつり」開催のお知らせです。

葦舟建造と葦舟乗船会、初秋の西富士もお楽しみいただけます。



四尾連湖は、山の上、標高約900mにある周囲1.2kmの小さな湖で、雨乞い伝説を伝える神秘的な湖です。

その昔、四尾連湖は「志比礼湖」とも「神秘麗湖」とも書かれていましたが、四尾連湖の神が「尾崎龍王」という龍神であり、四つの尾を連ねた竜が住んでいる湖ということで「四尾連湖」となったと伝えられています。四季折々の姿を楽しめる、自然がそのまま残った素敵な場所です。



公共交通機関がないため、最寄り駅からタクシーかマイカーでのアクセスとなります。

 なぜ、今回この場所での開催となったかは、「行けば、わかる」、なんですが、一言でいうと「道惹かれた」からです。辺鄙な場所ではありますが、それ以上に神秘で最高の葦舟まつりを堪能できるでしょう。どうぞご参加下さい。



【10月】

  8日(土)
開会 900 (先に受付を済ませてください)
午前 葦舟建造 昼食(龍雲荘)

  午後 葦舟建造
    入浴・夕食(まほらの湯・車30分)

  キャンプナイト(酒・つまみ・焚き火・お話)

  就寝(疲れた方は早めにお休み下さい)

  9日(日)
朝食(龍雲荘)
進水式 900 参加者によるパフォーマンス
午前 乗船会
(ライフジャケットを用意していますので、着用の上、乗船下さい)

       昼食(龍雲荘)
    午後 乗船会
    オプション「葦笛工作教室」(要:参加費)など

       葦舟 陸揚げ

       葦舟 お焚き上げ 神送り

       解散 1800



  なお予定は、都合により変更する可能性があります。

  翌10月10日(月)は祝日(体育の日)なので、もう1泊されることをお勧めします。また、遠方の方は、前日入りがお勧めです。

<西川は、7日朝から10日昼まで滞在します>

前泊、後泊される方は、つむぎの湯ややまなみの湯、みたまの湯など温泉に案内します。


【費用】

・交通手段       各自で確保してください。

   JR身延線     市川大門駅 11.1km タクシー30

   東京方面から 中央道甲府南ICより 21.5km 38

   諏訪方面から 中央道双葉JCT経由
                中部横断道 増穂ICより 14.8km 28

   横浜方面から 東名道 新富士ICより 67.3km 105

   名古屋方面から 新東名道 新清水ICより 64.4km 100

  ナビで、龍雲荘 または 水明荘 に設定してください。
 マイカーの方、市川大門付近のガソリンスタンドは、夕方には閉まるところが多いのでご注意ください。



・宿泊施設        龍雲荘さんにお世話になります。

    駐車協力金 400円/台・日 1泊だと800円になります。
  バンガロー(男女別相部屋)一人一泊1,500

   テントサイトやオートキャンプサイトもあります

   夜は冷え込むと思います。寒冷用シュラフをご用意ください。

   貸布団 掛400円 敷400円 毛布300円より

   朝食・昼食は龍雲荘さんに用意して頂きます。

                                         

・夕食             麓の温泉にて入浴&食事のセットを予約します。



・買い出し  割り勘です。飲み物もこれに含みます。



・参加費         会費1人 3000円 小学生以下1000円(葦舟材料費、保険等)

   その他費用(宿泊・食事・入浴・レンタル等)とあわせ、参加申込書にてご確認ください。



・その他       周辺(徒歩圏内)に買い物、食事処はありません。



・申込み      別紙、参加申込書に必要事項記入(入力)のうえ、メールに添付して送信願います。

・締切り       915()、一次締切りします。



問合せ・相談・申込み

 アカルプロジェクト 西川まさかず

 メール markar@mail.zaq.jp

 電 話 090-3822-3200

 facebookからもコンタクトできます。「四尾連湖 葦舟まつり」で検索



 申込みは必ず別紙「参加申込書」を使用し、メールにて行ってください。



 手順 「参加申込書」名前をつけて保存→保存したファイルを開き、必要事項入力・保存→メールに添付して送信

 

参加申込書

予告「四尾連湖 葦舟まつり」開催


来る(随分先ではあるが)、平成28年10月8日(土)~10月9日(日)の2日間、山梨県西八代郡市川三郷町の「四尾連湖(しびれこ)」にて、葦舟まつりを開催します。

すばらしいロケーションの下で葦舟をつくり、湖に浮かべ、龍神に祈りを捧ぐ。
shibireko1



詳細はこれからですが、8日午前10時開始、9日午後5時頃終了の予定です。
おそらく、唄あり、舞いあり、奏あり、もちろん、乗船もたっぷり。最後は、葦舟のお焚き上げです。
参加された人、それぞれがパフォーマー。

参加希望者は、ネット等で、場所の確認と、交通手段の確保、前泊・後泊(推奨)の検討をしておいてください。
宿泊は、キャンプ・バンガロー(貸し布団あり)です。龍雲荘さんにお世話になります。

申し込み、問合せは西川まで。
株式会社 アカルプロジェクト
 葦舟製作部長
 西川 雅規 (にしかわ まさかず)
連絡先
 住所:591-8024 堺市北区黒土町51-3
 電話:072-254-6551 FAX:同
 携帯:090-3822-3200
 Mail:
markar@mail.zaq.jp
 Mail_Mobile:markar_sakai@ezweb.ne.jp
 blog http://ashibune-sakai.doorblog.jp/
事務所
 〒556-0017 大阪市浪速区湊町1丁目3-1 湊町リバープレイス1F
 TEL 06-6644-6839 FAX 06-6567-8005

2016年、明けましておめでとうございます。

アカルプロジェクトは、変化しています。

昨年、株式会社アカルプロジェクトを設立し、これまでのNPO法人アカルプロジェクトは、2015年12月末をもって解散・整理いたします。

いままでNPO法人アカルプロジェクトで行ってきた葦船を中心とした事業は、今後株式会社アカルプロジェクトの発信する3つの事業のうちの一つとして、継承していきます。

これまでご支援、ご協力いただいた皆様、また、葦船職人の仲間たちには、何かとご迷惑をお掛けしますが、葦船事業に関しましては、これまで同様、いや、より発展させていきたいと思っていますので、今後とも変わらぬご支援、ご協力のほど、宜しくお願い申し上げます。

葦船や葦笛、葦に関することのお問合せは、私、西川までお寄せください。

株式会社アカルプロジェクト
HP https://akaru.jp/
facebook https://www.facebook.com/akaruproject/
twitter https://twitter.com/akarustudio

葦舟製作部長 西川雅規
Mail:markar@mail.zaq.jp
livedoor プロフィール
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ