大和川につかりながら笛づくりをしたわけではありません。
「大和川水辺の楽校まつり」というイベントの中での教室開催です。
34本、新しく葦笛が生まれました。