「第3回石津川葦船まつり」の開催が近づいてきましたのでご案内申し上げます。
思い起こせば、2005年に大和川での葦船づくりにはじまり、その後神石小学校で保管、乗船会、翌2006年から神石小学校での葦船学校開催、2008年には「石津川葦船まつり」として開催、そして第3回を迎えることとなりました。その間、2006年より大和川での葦移植実験や2007年の富田林葦船学校開催、他にも堺大魚夜市での茅の輪製作、福泉中央小学校での葦船乗船会、葦笛工作教室開催等、数々行ってきました。
ひとえに、「明るく、楽しい未来に向かって」地域に仕掛けを行っていこうとの思いからですが、未だ道遠しですね。
この「石津川葦船まつり」も、堺市の半分強の流域面積をもつ石津川水系の最下流合流点で行っており、流域に向けて発信していける場になればとの思いを込めていますが、中々拡がりを見せません(多分私がサボっているせい!)。
ま、何はともあれ、継続こそ力なり!で、今年もやります。
にぎやかし、ひやかし、応援、こぞって募りますのでよろしくお願い申し上げます(手弁当で申しわけありませんが・・)。

催名:第3回石津川葦船まつり 
主催:石津川葦船まつり実行委員会(市民ボランティアネットワーク「石津川に鮎を」・NPO法人アカルプロジェクト・堺市立神石小学校、事務局:西川)
日時:平成22年5月15日(土)・16日(日) 9:00~16:00 
場所:堺市堺区と西区の境 石津川と百済川の合流部
(15日は堺市立神石小学校にて葦船造船)
内容:葦船造船・乗船会、川の生き物観察会、公園づくりワークショップなど
問合せ:西川まで
備考:5月5日か9日に周辺地域にチラシをポスティングします(約1000枚)。
以上