堺葦船学校

葦を通じて里川運動へ。 葦、葦原、葦船、葦笛など。 思いつくまま、気の向くまま、 風まかせ、流れまかせ。

2013年05月

そうそう

葦笛づくり、葦舟づくりに興味のある方、質問などコメントに書いてね。
弟子入り、大歓迎。

報告 葦舟学校 in まつもと

クラフトフェアーでは、もう一つの目玉(メイン)として、葦舟づくりを行いました。
2日間かけて、通りゆく来場者を巧みに呼び止めて、「はい、このロープを引っ張って~」と声をかける。
かくして、池内(pitch)チーフ率いる葦舟職人チーム(ガラモン、助さん)と準職人の垣見さんや原始感覚のメンバーは、力不足を通行人でカバーすることにより見事な葦舟を完成させることに成功しました(写真:前出)。

報告 葦笛工作教室 in まつもと

まつもとクラフトフェアー2013 というイベントへ、8月に約1ヶ月開催される「信濃の国 原始感覚美術祭」の実行委員会がPR出展し、その目玉の一つとして「葦笛工作教室」を開きました。
5月25・26日の2日間 松本市「あがたの森」
59本、葦笛が生まれました。
また、同時に渾身の作品を値札を付けておいていたところ、3本買っていただきました。
誠にありがとうございます。

報告 葦笛工作教室 in 石津川 5/12

こちらも石津川の中ではありません。
「第6回石津川葦船まつり」の中での教室開催です。
初めて、外部バッテリー方式を採用しました(従来はAC直結方式)。
結果は上々。
こちらも34本、葦笛が生まれました。

報告 葦笛工作教室 in 大和川

大和川につかりながら笛づくりをしたわけではありません。
「大和川水辺の楽校まつり」というイベントの中での教室開催です。
34本、新しく葦笛が生まれました。
livedoor プロフィール
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ