堺葦船学校

葦を通じて里川運動へ。 葦、葦原、葦船、葦笛など。 思いつくまま、気の向くまま、 風まかせ、流れまかせ。

道具

また、こんなバリエーションもある。
KIMG1576
KIMG1577
KIMG1578
KIMG1579
KIMG1580
KIMG1581
KIMG1582
片方だけで引っ掛ける。

道具

もっと単純に市販のものを使いたい場合は、これ。
KIMG1567
KIMG1568
KIMG1569
KIMG1570
KIMG1571
KIMG1572
KIMG1573
KIMG1574
KIMG1575
先の曲がったラジオペンチ。

道具。

4mmのマニラロープを使って舟づくりをするとき、パンパンに締めたラセンロープに波除のロープをくぐらせるのに苦労した経験はありませんか?(そうそう!と言う人は日本中に2~3人しかいないと思います)
でも、安心してください。いい道具がありますよ。
何を使っているかお分かりですか?

KIMG1556
KIMG1557
KIMG1558
KIMG1559
KIMG1560
KIMG1561
KIMG1562
KIMG1563
KIMG1564
KIMG1565
KIMG1566
カーテンフックでした。

葦束整理

堺にも立派な葦が生えている。
昨年12月初旬、まだ青さが残っている、4m超を少しばかり刈っておいた。
もちろん、葉も落ちきっていない。
葉を落として束ねなおす。
それだけのことなのに、これだけやるのに、5時間ほどかかった。
もっとも、笛に使えそうなやつは丁寧にノコで切り分けていたが。
一節の直径11mm以上、長さ23cm以上。約40節。

 ↓ は半分未整理。
KIMG1554
 ↓ は終了後。
KIMG1555

鵜殿

昨日、鵜殿へ行ってきた。
朝は冷え込み、着いた9時過ぎにはまだ霜が。
それからは、一気にぽかぽか陽気。

暑い

14日の「ヨシ焼き」に向けて、ほとんどの葦は刈り取られ、丸坊主。
隅っこに少し残された葦原に入る。

掻き分けながら、物色する。

一節が25cm以上、細いほうから20cmほどの位置で直径が11mm以上。

100本に1本くらいの割合か。

根元で切り、条件があわなくなる節で切る。
大体3~5節の長さになる。

広い場所に切り出して、上下の余分なところは節の付け根で切り落とす。ついでに葉っぱも落とす。

3時間ほどで60本ほどの束ができた。

officeに立てかけておく。





我慢できずに、節切りを始める。
一節毎に切り分ける。

とにかく、この時間がたまらなく好きだ。
ふと、頭の中を

 手付かずの確定申告のことや、
 明日の司会をどう務めようとか、
 明後日の現場仕事のことや、

よぎるけど、
この時間が、   いい。


2時間強で、282本の節に別れた。

この材料は、工作教室には向かない。
作品用となる。

2012年のものと、2013年のものがいくらか使って残り200本ほど。
2014年は鵜殿へいかなかった。
2015年のものは250本ほど。
その横に2016年のもの。


2~3年、このまま寝かせて置く。
KIMG1480
livedoor プロフィール
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ